ユニバーサルデザイン旅行 無事終了!!

3年目となる今年は、

障害を持った当事者であり、言語聴覚士の笠井さんと協力して実施しました。

実は、今年私は、最後の年だし、2年やっていても、

1年目、2年目やった方は、声かけても来てくれないし、そんなに興味みんな持ってくれないもんなんだと思っていて、

こじんまりと実施しようと思っていました。

そして、私の訪問リハに行っている利用者さんとだけ行くつもりでした。

だけど、講師は必要だし、障害を持っている当事者としての視点で、講師としても一緒に参加してほしいと声をかけたのが笠井さんでした。(彼女は1年目の旅行に来てくれた数少ない2回目の参加者さんです。)

すると彼女が、私が講師として喋るより、自分のお友達で、同じ病気で起業した櫻井さんを誘いたいとの話がありました。

何処かに行きたいと強力に願う人の意向に沿って始まった旅でもないし、プランニングはいつでも自分の目線。自信もないし時間がどのくらいかかるかも読めないし、不安だらけで辞めたくなったのも事実です。

今年は、笠井さんが相談相手になってくれて、なんとか組み立てることができました。

やっぱり不安だったので、ホテルや舞鶴や伊根にはなんども通いましたし、電話もしました。

そしてやるからには、可能な限りたくさんの人に活動を知ってもらい共感してもらおうと近隣の施設にチラシを持って配りました。

笠井さんも自分が呼んだ講師の方だったので、病院の人にこんな声かけたことなかったというくらい集客頑張ってくれました。何よりそれが嬉しかった気がします。

そして迎えた当日

 IMG_3793    IMG_3792

デイサービスで働いた経験から頼もしい二人の男性。レンタカーの操作もお手の物でした。下見した甲斐がありました。車椅子も1台畳んで積めることがわかり、その操作も確認して櫻井さんを福知山駅までお出迎えできました。

ここでも、やはり福祉の経験は知らない人にとっては本当に助かるし、旅先ではお金を払ってでも手伝ってほしい価値のある技術だと思いました。

IMG_3794 IMG_3795          大変混んでましたが車椅子の方でも同じように、食事できました。

いつもはおかゆがメインの要介護5の方が、ペロリと海鮮丼を召し上がられて感動しました。

昼ごはんの「みやず おさかなキッチン」の車椅子用トイレは広々としていて使いやすそうでした。

そして、伊根の遊覧船              IMG_3799 IMG_3803

海の色が綺麗でした。風が気持ちよくて、舟屋も素敵でした。 車椅子の人も安心して船に出入りすることができました。

そして2日目はまた続きますーーー