京都府主催の橋立周辺の一泊モニターツアーに参加

 

3年前から取り組んでいるTANGOリハビリ研究所のユニバーサル旅行に賛同していただき、京都府の4年後のオリンピック、パラリンピックのためにユニバーサルデザイン観光を推し進めたいという趣旨のモニターツアーに誘われました。

当日は、視覚障害をお持ちの方や、下半身麻痺の方や総勢20名程度の団体で動かれていました。

私達も、シャワーチェアーを福祉用具屋さんに問い合わせたり(実際には三笑堂さんが懇意で無料で貸し出してくれた)バリアフリー調査して段差の超え方を検討したり、大変参考になったし、セラピストとしての役割の可能性も感じました。

IMG_1998

ある男性は、「10年ぶりの大浴場」と言われていて、やはり温泉ヘルパーは求められていると確信しました。

その後のカニ三昧

IMG_2002  IMG_2003 IMG_1980 IMG_1977

みなさんいい笑顔で、やはり目の悪い人の世界の捉え方や介助の仕方も色々気づきがありました。

IMG_2001

テーブルの下でおとなしい盲導犬くん。

最後に 車椅子ユーザーの山本さんからUD観光への抱負がありました。

私達のお手伝いは、旦那だけ次の日まででしたが、皆さん現地調達の温泉ヘルパーと宿泊介護のお手伝いに大変感謝していただきました。

そして、私の今まで挑戦してきた取り組みが初めて、求められて実施できました。

次の日は天橋立に行かれ、皆さん楽しまれたようです。こちらこそ元気いただけました。

IMG_2004

写真の提供は、夢ツーリスト北見の北見貴志さん、特定非営利活動法人アイ・コラボレーション理事山本英嗣さん、成れる会丹後ビジネスマインド実践塾代表の早川昌美さん、ユーディット情報のユニバーサルデザイン研究所の関根千佳先生に御協力いただいました。