当事者の立場から ユニバーサルデザイン普及についての考察と「旅こそ最高のリハビリ」

IMG_3810   IMG_3852 IMG_3853IMG_3854

1日目の食事後の勉強会では、

旅行参加者の皆さんと医療・介護職の皆様と行政の皆様にきていただき、大阪からおよびした「ユニバーサルツーリズムに向けて〜櫻スタートラベルの取り組みと活動事例〜」と

松本健史さんから「旅こそ最高のリハビリ」の話をしていただきました。

理学療法士で地域で起業した松本健史さんからは、医療や介護の現場で普段何気なく行なっているスキルは旅行への扉、もっと外(地域)で介護しよう!という提案や「旅こそ最高のリハビリ」と称して、もっと行きたいところへ行けるまち、もっと生きたいように生きれるまち、にする提案を当事者と介護する側から発信していこうという話をしていただきました。

やりたいことを諦めないということを実践されている司会の笠井さんの浴衣姿もとても素敵で皆様から好評でした。IMG_3851

その後、自分ならどうしたいか?どうして欲しいか?の発表をグループごとに行い、意見や思いを共有しました。IMG_3806

たくさんの方にご参加いただきました。

IMG_3850

その後の温泉入浴は、いろいろと準備していましたが、「露天風呂の温度でも熱かった!!」とか「やっぱり慣れていないお風呂は怖い」など色々な意見もあり、準備不足は否めませんでしたが、皆さんおうおうにして喜んでいただき、日頃の介護業務、リハビリ経験がやっぱり一番旅で活かせる、地域で発信していくところだと実感しました。

2日目は舞鶴方面

IMG_3847 IMG_3848   舞鶴の素晴らしい景色に皆さん海をなかなか眺めたことがない方が多かったので良かったです。

IMG_3849

障害を持った方が働かれているレストラン「BONO」は目で見ても楽しく、食事中の会話も進みました。

 

旅行で配慮やお手伝いが必要な方にとって、移動やトイレや入浴など、普段慣れた場所を離れるのは不安や課題が多く、旅行となるとさらにハードルが上がるようです。でもそんな中、勇気を持って一歩踏み出して、自分の可能性を発見された方々の顔は輝いていて、そのお手伝いができたことは心地よい疲労感・達成感と感動を伴いました。

ボランティアで手伝ってくださったTさん・Kさん、元同僚のNさん、いつも手伝ってくださるAさん、ありがとうございました。何かしら今後につなげたいと思っています。

そして、10月末にシェア会実施します。